アロマテラピー

アロマオイルの種類

アロマオイルにはさまざまな種類があります。まず、エッセンシャルオイルですが、これは厳密には水蒸気蒸留によってつくられた精油だけをさす言葉でした。 水蒸気蒸留法は水蒸気で植物を蒸らして、その蒸気をあつめ香りと水とに分離する方法です。熱によって香りの成分が変化してしまうというデメリットがあります。油脂や有機溶媒などを使ってとりだされた精油はアブソリュートとよばれていました。油脂吸着法は今は使われていない技術ですが、油脂に芳香成分を溶かす方法で、油脂に植物を添加し香りを移した後に香り成分(=精油)だけをエタノールを使って抽出します。香りを移した油脂をポマード、エタノールで抽出された精油をエキス、さらにエタノールを除いた精油がアブソリュートです。今は油脂吸着のかわりに溶剤抽出法が使われています。果物などの皮を圧搾して芳香成分を絞りとるのが圧搾法です。熱が加わることがないため芳香成分が変化しないメリットがありますが、他の2つの方法に比べて不純物が混入しやすく劣化が早いことがあり、区別してエッセンスとよばれることもあります。エッセンシャルオイル、アブソリュート、エッセンスの3つが日本ではエッセンシャルオイルとして扱われています。