アロマテラピー

アロマテラピーの効果

これまでご紹介してきたように、アロマテラピーには香りで精神的な作用をもたらす効果と、芳香成分などの有用成分によって体に作用する効果があります。アロマディフューザーなどが用意できればそれにこしたことはないですが、なくてもお風呂にエッセンシャルオイルをたらすだけでもアロマテラピーは簡単に始められます。 エッセンシャルオイルが体に吸収されるには、蒸気によって吸い込む方法とマッサージオイルやローションなどで皮膚から浸透していく方法があります。お風呂にオイルを入れるのは、その2つのルートを同時に採り入れることになるので効率的ですし、お風呂の時間はもとからリラックスする場所として最適です。アロマテラピーの効果をストレス解消に求めるなら、お風呂で行うのはおすすめです。 リラックスさせる他にもアロマテラピーにはさまざまな効能があります。花粉症の症状を軽減させたり、虫よけスプレーになったり、ニキビや吹き出物を予防したり…。目的によってさまざまに利用が可能です。 また、アロマテラピーの効果は組み合わせによっても変わってきます。A+Bのオイルで頭痛解消の効果があるとして、A+Cでは別な効果がうまれることもあります。自分に合った香りと、オリジナルなブレンドレシピを見つけてみるのも、またアロマテラピーの楽しみ方の1つです。