アロマテラピー

アロマテラピーと代替医療

エッセンシャルオイルの芳香成分が体に有用な働きをすることはご説明しましたが、体にとってプラスに働く成分ばかりではありません。体調によっては、マイナスに作用することもありますし、肌の弱い人は刺激の強いアロマを使わない方が良いともされています。エッセンシャルオイルに含まれる成分の構成や有効成分、毒性などがどんな種類のもので、それらが体に対してどう働きかけるか、という研究は進められており解明されているところも多いのですが、科学的に実証されていないものもあります。しかし長年の経験則によって効果があると認められています。 日本ではアロマテラピーはまるで趣味のように扱われていますが、フランスなどでは、医師の指導でアロマテラピーが導入されており医療行為の一環として認められています。通常の医療行為の補助となる医療ということで、代替医療とよばれることもあります。代替医療には、指圧や鍼灸、カイロプラクティックなどもが含まれます。アロマテラピーもこれらと同じ代替医療として位置づけられるものです。用法を間違えなければ手軽に個人で楽しむこともできるのですが、扱いを間違えると重大な事態におちいりかねません。特にエッセンシャルオイルの原液を口に入れたり、肌に直接つけたりしないよう、ご注意ください。