アロマテラピー

妊婦さんとアロマテラピー

妊娠した女性の体の中では、劇的な変化が起こっています。胎児は毎日めまぐるしく成長をとげ、それに合わせて母体も変化しています。ホルモンや免疫力が変化し、体質だけでなく精神的な変化をもたらされます。妊娠中は、どうしてもイライラしたり不安感におそわれるものです。なるべく薬の服用は避けたいという妊娠期間中、気分をほぐしゆったりとさせるのにアロマテラピーが適しています。 しかしエッセンシャルオイルの中には、妊娠中の使用を禁じられているものがあります。血管を収縮させる効果のあるもの、子宮を収縮・刺激を与えるような効果のあるものは使用を控えた方が良いといわれます。ただ、市販もされていて簡単に入手できる一般的なエッセンシャルオイルであれば、妊娠中でも芳香浴程度であれば問題ないと思われます。心配な方は芳香浴も控えた方がよいですが、それは精神的な問題。芳香浴を我慢してストレスをためるよりは、ゆったりした気分でいられることの方がメリットは大きいです。植物由来の芳香成分を使ったアロマテラピーを控えるより、タバコの副流煙や廃棄ガスなどもっと問題にされる匂いはたくさんあります。 ただ、マッサージオイルなど肌に触れるものは安全性の確認されたものにしてください。