アロマテラピー

アロマテラピーの資格

日本ではアロマテラピーは、医療行為としては認められていません。そのため、セラピストとしての公的な資格はありません。アロマテラピーに関する資格はすべて認定資格となります。アロマテラピーに関係する団体などから認められた資格ということです。それぞれの団体で認定試験などが行われているため、資格に求められるレベルにも差があります。また、イギリス式のリフレクソロジーアロマテラピーと、フランス式のメディカルアロマテラピーとでも、内容は変わってきます。団体によっては、アロマテラピーに関する歴史や体系的な知識、250〜300種類あるといわれるエッセンシャルオイルについての知識などが問われる、非常にレベルの高いものといえます。 資格を認定している団体はいくつかあります。●社団法人 日本アロマ協会(AEAJ)●日本アロマコーディネーター協会(JAA)●NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)など。人気が高く、業界内でも広く認識されているのは、AEAJのアロマ検定です。アロマ検定のさらに上級の知識が求められるアドバイザー、インストラクター、セラピストなどの資格も認定しています。JAAの資格も、業界内では評価されているようです。こちらでは、アロマコーディネーターなどの資格を取得することができます。 NARDは、ベルギーにあるアロマテラピー研究機関の日本支部といった位置付けです。医療面におけるアロマテラピーの効能・効果を重視した団体といえます。