アロマテラピー

スクールや講座について

アロマテラピーが本格的に日本に浸透したのは、90年代以降だといわれています。世間的には「癒し系」などの言葉が流行し、自然志向やスピリチュアルなものが受け入れられた頃でもあります。アロマテラピーが一般的に認知され、受け入れられていったのと同時にセラピストの資格なども求める人が増えていきました。現在は、資格をとるためのスクールや通信講座なども充実しています。アロマテラピーに関する資格にも、いくつかの種類や認定している団体による違いがありますので、欲しい資格を扱っているスクールを選ぶようにしてください。アロマテラピーは、大きく分けてフランス式とイギリス式に分けられます。フランスでは、医療の一環として発展してきました。医師の処方のもとで、アロマテラピーが施術されることもあります。一方イギリスではリラクゼーションの一環としてアロマが採り入れられてきました。どちらを学ぶかもふくめてスクール選びをしてください。 本格的に資格をとって仕事として考える方だけでなく趣味として個人的にアロマテラピーを楽しみたい方のためのスクールや講座も多く開催されています。通信講座なども用意されていますが、初心者の方が一からアロマを学びたいなら、本物の香りを実感するためにも最初はスクールなどに行くことをおすすめします。