アロマテラピー

アロマセラピストの仕事

アロマテラピーの資格を得るにもスクールに通うにも、比較的まとまったお金が必要とされる場合があります。大金をかけて資格をとってみて、さてそこでアロマセラピストとしては一体どんな仕事があるのでしょうか。 考えられるのは大きく分けて3つの道です。1つはアドヴァイザーです。アロマを始める人や購入者に対して、アロマに関する正しい知識を広める役目です。ショップの販売員や、サロンなどで働くことになります。次に、講師など。アドヴァイザーと同じような立場ですが、講座やカルチャースクールなどを通じて学術的でより深い知識を教える立場です。働く場所はスクールなど。最後に、施術者です。アロマテラピーを実際にお客さん相手に実践する人になります。施設によって施術内容は変わってきます、アロマオイルを使ったマッサージなどを行うことが多いと思います。サロンなどで勤務することになります。 いずれにしても資格があればどの程度の知識を持っているのかの目安になりますし、未経験だったとしても就職に有利だとは思われます。アロマにまつわる求人はそれほど多いとはいえません。資格を取る際にお金がかかることは先に述べました。自分がどういった仕事を目指しているのかをよく熟考したうえで、必要な資格を取るように勉強してください。