アロマテラピー

2お香

香りについては以前から日本においても研究されてきたものであり、本来であれば天然の香木を意味するのが「香」なのです。 つまり、抹香や線香というものは、「香」から生まれたものであり、「香道」というものもあるのです。 華道、茶道といったものは有名ですが、香道を知らなかったという方も多いのではないでしょうか。 「香」というのは日本で生まれたものではなく、インドから生まれたのです。 仏教の伝来は有名ですが、それと一緒に「香」についても伝わったのではないかと言われているため、仏教儀式と「香」というのは今でも深い関係があるのです。 お香の中で一番使われているのが線香ですが、香木を火にくべることによって瞑想の状態をつくるというのが護摩修行です。 つまり、香りのパワーを利用しているものですからアロマテラピーと似ていますよね。 また、香木である沈香について日本書紀に記載されているのですが、日本において「香」の記述で最も古いものだと言われているのです。 平安時代の貴族というのは、「うつりが」というものを楽しんでいたと言われていますが、これは炭に香りを調合してくべ、着物などをその上に被せてその香りを染み込ませるというものです。 「香」については枕草子、源氏物語といったものにも記載されており、精神面での結び付きができたのは鎌倉時代だと言われています。 時が経つにつれて現在の香道が作られていったのですね。 香道にも華道などと同じく作法があります。 香木を焚いて、それによって情景、詩といったものを鑑賞するというものなのです。 「組香」は文学、和歌といったものの世界観を主として作られているものですが、香りを利用してそれらを聞くのです。 ですから、非常に芸術性や精神性のあるものですよね。 お香を楽しむということは、今も尚幅広く利用されており、たとえば香立てや香炉といったものを使用して楽しむことができますね。