アロマテラピー

2アロマディフューザーの加湿効果

超音波を利用して非常に細かい微粒子を作って霧となり、香りを拡散するのがアロマディフューザーです。 加湿器と同じようにミストが出るので加湿効果も少しは得られますが、残念ながら加湿器と比べると劣ってしまいます。 部屋の湿度はどの程度が良いのかというと、一般的には40%から60%ほどだと言われており、インフルエンザウイルスは50%の湿度で半減して、60%になると80%ものウイルスが死滅しますので、この湿度は保ちたいものですね。 では、アロマディフューザーを使うとどの程度の湿度になるのか気になりますよね。 加湿機能が付いているアロマディフューザーも販売されていますので、加湿もしたいというのであればそういった機能が付いたものを選ぶと良いでしょう。 また、ミストを出す方法というのは以下のように4種類ありますので参考にしてみてください。 @超音波式 細かい振動が起きる超音波を利用してミストを出す方法であり、音も比較的静かという特徴があります。 熱を使用しませんので、火を使う方法に比べて安全です。 デメリットとしては、雑菌がタンクに入れた水に混ざってしまう可能性があるということです。 そうすると雑菌が排出されることになりますが、中には抗菌のカートリッジなどが使われているものもありますので、雑菌が気になるのであればそういったメーカーの商品を使ってみましょう。 Aスチーム式 加熱や沸騰をすることによって蒸気を出す方法であり、熱を利用しますので殺菌をすることができます。 しかし、スチーム式のミストは熱くなっているため、触れないように気を付けましょう。 B気化式 フィルターに含まれた水を風を送ることによって気化する方法ですが、ミストは排出されません。 気化式の場合はフィルターを交換する必要があり、加湿効果は弱いと言えるでしょう。 Cハイブリット式 状況によって、気化式とスチーム式と使い分けることができるものになります。