アロマテラピー

2アロマの効能 その2

アロマの中でも代表的なものや効能について取り上げてみましょう。 ※カッコ内は学名になります。 ○乳香(Boswellia) 乳香は、イエス・キリストが誕生した時に贈られたとも言われているものであり、マタニティーブルーを解消させる効果があると言われています。 また、乳房や子宮の強壮にも効果的ですし、収れん作用があることから、肌を引き締めてくれますので、老化予防にも繋がります。 ウッディーな香りが特徴的です。 ○ネロリ(Citrus aurantium) 心を落ち着かせるという鎮静効果があります。 PMS、更年期障害といった症状を和らげる作用や不眠症の改善にも繋がりますし、うつ病にも効果的だと言われています。 肌に弾力を与えて肌の老化を抑制する作用もあります。 ネロリはビターオレンジの花から抽出されるということから、エッセンシャルオイルの中でも少し高価な部類になります。 フローラルな香りが楽しめます。 ○白檀(Santalum album) 今ではサンダルウッドの方が一般的ですが、抗炎症作用や殺菌作用があります。 その為ニキビなどに効果的で、ウッディーでオリエンタルな甘い香りがします。 ○ペパーミント(Mentha piperita) 防虫、抗菌及び殺菌作用があるアロマで、香りがスッキリとしていますので、脳に刺激を与えることができます。 ペパーミントの香りによって集中力の向上や花粉症などが原因で起こる鼻詰まりといった症状の緩和にも繋がります。 夏にローションとして利用することによってデオドラント効果がありますし、肌に付けると体温が1度から3度ほど下がると言われていますので夏に最適ですね。