アロマテラピー

2香りのレシピ

アロマテラピーというのは種類が多々あり、どの香りを利用するかによって効能が異なります。 当然ですが、1つの香りだけ利用した場合は、その香りが持つ効能しか得ることができませんよね。 しかし、いくつかの香りを組み合わせると、相互作用であるシナジー効果を得ることができる場合もあります。 例として、ペパーミントは冷却効果があり、サイプレスは血管収縮作用がありますが、この2つを組み合わせると偏頭痛の改善に効果的だと言われているのです。 つまり、2つ以上のアロマを利用すると、1つのアロマが持つ効能だけでなく、違った効能を得ることに繋がるのですね。 アロマには毒性があることもありますが、別のアロマがその毒性を中和や相殺することができます。 これをクエンチング効果と言い、たとえば皮膚への刺激が強いシトラールはレモングラスなどに含まれているものですが、これをリモネンが含まれているものと組み合わせるとクエンチング効果が得られます。 皮膚への刺激を和らげることができるのです。 アロマの種類によって効能が異なりますので、自分の目的に合わせて香りをブレンドすると良いですね。 また、アロマテラピーの楽しみ方として、予め基本のブレンドを作り、気分や症状に合わせて香りを組み合わせると良いでしょう。 1つの香りを楽しむだけでももちろん良いですが、ブレンドすることによってまた違った香りを楽しむこともできます。 香りの調合の配分というのは料理と同じくレシピと呼ばれており、アロマテラピーには様々なレシピがあるのです。 レシピ通りではなく、自分オリジナルのレシピを作ってみてはいかがでしょうか。