アロマテラピー

2試験や検定について

アロマの国家資格というものは日本に存在せず、認定資格しかありません。 その中で、社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)の資格は最も人気がありますので、アロマの資格を取得したいと考えているのであれば、この団体の資格取得を目指してみるのも良いでしょう。 そこで、AEAJのアロマ検定、1級と2級に関してご紹介したいと思います。 検定試験は年に2回全国各地で行われていますので、どの地域の方でも受けやすいでしょう。 受験資格は特にありませんので、独学であっても試験を受けることができます。 アロマテラピーに関するスクールなどもありますが、通わなくては資格を取得できないという訳では無いのです。 インターネットから受験を申し込みすることができ、試験を受ける場合は受験料が発生します。 試験内容ですが、第2級はアロマテラピーの歴史やエッセンシャルオイルの正しい扱い方、オイルの香りを嗅いでその種類を当てる、そしてアロマに関する基礎知識などがあります。 そして第1級は、疲労やストレスに効果的な健康学について、エッセンシャルオイルの効能及びメカニズム、オイルの香りを嗅いで何かを当てる、そしてアロマテラピーに関係する法律などになりますので、非常に難しくなります。 また、このAEAJ以外の試験はどうかというと、試験内容としては同じくアロマに関する様々な問題が出題されます。 規定の点数以上を取ると、その認定資格を取得できますが、独学であってもアロマテラピーの知識を多々学ぶ必要があるでしょう。