アロマテラピー

お香

日本でも、昔から香りについては研究されてきました。日本における「香」は本来、天然の香木をさします。そこから線香や、抹香などが派生しました。日本には、茶道や華道などと同じように「香道」があります。日本の「香」は、インドが発祥で、仏教の伝来とともにもたらされたといわれています。そのため、仏教儀式と深い関わりがあります。線香などは最も広く浸透しているお香です。護摩修行などは、香木を火にくべて瞑想状態をつくり出すため、広い意味ではアロマテラピーと同じように香りの力を使ったものといえます。日本書紀には沈香という香木についての記述があり、これが日本での最古の「香」の記録だといわれています。 平安時代の貴族達は、香りを調合して炭にくべ、その上に着物などをかぶせて香りを染み込ませる「うつりが」を嗜んでいました。枕草子や源氏物語にも、香について描写されています。鎌倉時代になると、香は精神的なものと強く結びつき、香道が形成されていきました。香道では、作法にのっとって香木を焚き、香気によって詩や情景を鑑賞する大変精神性・芸術性の高い芸道です。香道では、香りは「聞く」もので、和歌や文学の世界観を主題につくられる「組香」などを皆で聞いて楽しみます。今でも香炉や香立てなどを使って、お香を楽しむ習慣は根強く残っています。